新嘗祭について

新嘗祭写真1

新嘗祭(にいなめさい)とは、毎年11月23日に行われる収穫行事で、現在では、勤労感謝の日としても知られています。
新嘗の「新」は新穀(初穂)を、「嘗」はご馳走を意味し、天照大御神はじめ天神地祇(てんじんちぎ すべての神々)に初穂をお供えし、天皇陛下自らも初穂を召し上がり、神様の恵みによって初穂を得たことを感謝するお祭りです。

新嘗祭には、全国から選ばれた新米が献上米として奉納されます。
全国各地の神社でも感謝の祝詞が奏上され、この日まで新米を口にしない風習が残っている地域もあるほどです。
もともと11月23日は、1873年の太政官布告により、「新嘗祭」という名の祝祭日でした。その後、1948年の「国民の祝日に関する法律」により、「勤労感謝の日」に改称し、今なお続いています。

新嘗祭写真2